優しい使い心地~オーガニックコスメを使おう

LINE UP

top > オーガニックコスメについて > 無農薬栽培された植物を原料にした自然由来のオーガニックコスメ

無農薬栽培された植物を原料にした自然由来のオーガニックコスメ

植物を栽培するにあたり、害虫からも植物を守る必要があるので、農薬を使用することもありますし、栄養補給目的での化学肥料を与えることもあります。全ては植物を順調に美しく栽培させるための取り組みですが、成分的には植物にマイナスの影響を与えやすく、環境にも優しいとは言い切れないです。化粧品の原料に植物を使用している場合、ケミカルな成分も一緒に含まれるので、使用をする肌には不安が付きまといます。そんな不安を削除してくれるのがオーガニックコスメであり、ケミカルな農薬は使用しないで、無農薬栽培された植物を原料にしてコスメを作るのが利点です。一般的に大量生産されている低価格で市販されているコスメの大半は、石油由来成分は配合ですから、自然由来のオーガニックコスメには女性からの関心が高まっています。

植物性由来はそのまま肌に安心と受け止めやすいですが、その答えはイエスでもありノーでもあります。自然由来成分のオーガニックコスメですが、素肌への優しさを持つ半面で、全ての人の肌にマッチするとも限りません。つまりオーガニックコスメであろうとも、使用をする人の肌のコンディションにも左右されますし、相性があるということです。安価で大量生産される化粧品でも、高級ブランドの化粧品であっても、化粧品と肌との相性はありますが、それはやさしいとされるオーガニックコスメにも当てはまります。植物由来だから誰の肌にも優しい印象ですが、その植物が日本のものではないとしたら、日本人の肌には合わない可能性も考えられることです。初めてのオーガニックコスメであるなら、自分の肌に広く使用をする前に、パッチテストをしてみるのも良い方法になります。

これまでの国内で市販されてきた化粧品の大半は、ケミカルコスメであるため、女性たちはその使用感に慣れています。メーカー側もいかに女性たちが、毎日の肌の手入れに使いやすいかを重視しているので、どのコスメ商品も使い心地の良いテクスチャーです。ケミカルコスメの使用感と比較をした時に、オーガニックコスメの使用感は劣る可能性があります。その時だけを考えたら、これまで使用をしてきた、テクスチャーも心地の良い、慣れ切ったケミカルコスメでも良いと考えがちです。しかし未来までの肌の美しさを考えた時に、石油系のケミカルなコスメを使い続けるのと、オーガニックコスメを使用するのでは、どちらが良いかを考えて使用をするようにします。短期的な美しさを優先するのか、長く健康な肌を維持したいかの違いですが、未来の肌までサポートするのは、間違いなくオーガニックコスメです。